○○ドッグフードを与え続けてワンちゃんが死んでしまった・・にならないために

2014y11m06d_151036264

飼い主さんの声の中には○○ドッグフードを与え続けたことで大事な大事なワンちゃんが死んでしまったという大変悲しい声も見受けられます。

○○ドッグフードを与え続け死んでしまった

僅か数ヶ月で死んでしまった・・・。

○○ドッグフードを与えてから僅か数ヶ月の間にまさか・・・。そんな飼い主さんの声は無視出来ません。ドッグフードは粗悪な物から良質なものまでいろいろありますが、市場に出回っているものの多くはあまりオススメ出来るものではありません。そしてその中には本当に最悪なドッグフードも存在するのです。

もちろん○○ドッグフードが死亡した直接な原因であるかどうかは分かりません。ドッグフードとは関係ない原因により早々と命を奪われてしまったかもしれません。ただ、もし与えてしまっていたドッグフードが原因だったら・・・。

ドッグフードには人間が食べてはいけない、人間に提供する食品としては法律上許されていない基準の食材も利用されていることが往々にしてあります。そして発がん性の高い成分が含まれていることもあります。また栄養バランスがしっかりしていないものもあります。なので、ドッグフード次第でワンちゃんが死んでしまうということもあるのです。

○○ドッグフードを避けるために出来ること

ドッグフードの勉強をする
ドッグフードの評判・口コミをチェックする
宣伝文句を鵜呑みにしない
様々なドッグフードを比較してみる
最後は他人の意見ではなく自分の意見で決める

ドッグフードには粗悪な商品が多々ありますので、どんなドッグフードが粗悪でどんなドッグフードがワンちゃんの健康に良いものなのか分かるように適度にドッグフードの勉強を飼い主の方がしておくことが大切です。

そしてドッグフード選びの際には実際に使用している人の評判や口コミをチェックしたり、複数のドッグフードを比較してみたりしましょう。そして決して宣伝文句を鵜呑みにすることは辞めておきましょう。○○ドッグフードでワンちゃんが死んでしまったという方の多くが宣伝文句を鵜呑みにしてしまっています。なので、自分でしっかり良いドッグフードか悪いドッグフードか見分けていくことが大切です。

そして一番大切なのが自分で自分の基準で決めるということです。

もし他人に完全にまかせっきりにして選んだドッグフードで大事なワンちゃんがなくなってしまっては後悔してもしきれません。なので、自分の基準で自分で最終的にはワンちゃんのためのドッグフードを決めるようにしましょう。

コメントを残す