アボダームドッグフードの原材料・成分チェック【口コミ・評判は??】

2014y01m12d_231843193

販売実績が豊富なドッグフードとして有名なアボダームですが、その原材料・成分、口コミ・評判が気になりますね。是非こちらでチェックしてみてください。

アボダームドッグフードの原材料・成分チェック

全粒小麦粉、ビーフミール、米粉、亜麻仁、アボカドミール、鶏脂肪、トマト繊維、アルファルファミール、ナチュラルフレーバー、塩、塩化カリウム、ビタミン(塩化コリン、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンD3、ビオチン、葉酸)ミネラル(硫酸亜鉛、アミノ酸亜鉛キレート、硫酸鉄、硫酸マンガン、アミノ酸マンガンキレート、硫酸銅、アミノ酸銅キレート、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、海草、アボカドオイル、ニシン粉、レシチン、パイナップル、納豆菌発酵抽出物、アスペルギルス・オリゼー発酵抽出物

 

粗蛋白20%以上、粗脂肪8%以上、粗繊維4%以下、水分10%以下、粗灰分6.10%以下

主原料の一番最初に全粒小麦粉が来ていますので、植物性蛋白質がメインで使用されている事は明白ですね。ですので、ワンちゃんが本来求めている動物性タンパク質が豊富なドッグフードではありませんので、どうしても便が軟らかくなったりすることはあるでしょう。

また、アドカドを使用している事で一見健康に良さそうなドッグフードに見えますが、人間とワンちゃんは根本的に異なりますのでアドカドミールがワンちゃんにオススメとは言えません。元々ワンちゃんや猫にとってアボカドは毒になり得る食材です。もちろん加工をしているので、直接には影響しませんが、あまり気がすすむ原材料ではありませんね。

アボダームドッグフードの口コミ・評判

1.アボダームにかえたら毛がばさばさになり艶もなく、涙やけも改善されません。

 

2.「アボダーム」は消化が良すぎるのか明け方などに黄色い胃液を吐いていました。現在3匹いますが3匹とも同じように吐いてました。フードを替えると吐かなくなりました。

 

3.私が一番安心なことは、アボダームは発売以来20年以上の実績を持ち、それなりの成果を上げている点です。

 

4.涙やけも無いし、毛づやも良かったですよ。特に太った事も
下痢をした事もありませんでした。でも確かに、食欲をそそる臭いでは無いのか食いつきはあまりよくありませんでしたが・・・

 

5.特にこれといったケアはしてませんがすれ違う人には「毛艶が良いですね。」ってよく言われます。

アボダームの魅力は何といっても販売実績ですね。販売実績が多くの飼い主達に安心感を与えている印象です。その安心感からアバダームを購入し続ける方も多いようです。

また、毛並み・涙焼けの改善については効果を実感出来る方と実感出来ない方半々ぐらいですので、涙焼け解消を特別期待し過ぎない方が良いでしょう。噂では涙焼け改善効果があると広まっているようですが、過度な期待は厳禁です。なので、やっぱりワンちゃんとの相性次第ですね。

アボダームで満足している方もいれば、体調不良が原因となり、他のドッグフードに切り替える方も結構いますので、相性を見て判断するのが良いでしょう。

コメントを残す