ウェットタイプのドッグフードを与え続けるのは良いの??

2014y02m05d_180750128

ドッグフードには大きく分けてウェットタイプとドライタイプがありますね。そこで、愛犬が喜んで食べてくれるウェットタイプをついつい選択してしまいがちですが、ウェットタイプを与える事は良いことなのでしょうか。

ウェットタイプはメイン向きではない??

ウェットタイプは嗜好性が高いです。

嗜好性が高いので、ワンちゃんは喜んで食べてくれます。愛犬が嬉しそうに食べてくれる姿を見ると、ついついウェットタイプのドッグフードばかり与え続けてしまいがちですが、ウェットタイプをメインで利用されるのは辞めたほうが良いです。

ウェットタイプがメイン向きではない大きな理由は栄養素にあります。

ドライタイプのドッグフードは、ワンちゃんの1日に必要な栄養素を凝縮させた栄養素満点の食事ですが、ウェットタイプのドッグフードは栄養素よりも嗜好性重視の食事ですので、1日に必要な栄養素を補給するのは難しいです。そのため、ウェットタイプのドッグフードをメインでワンちゃんに与えることはオススメ出来ません。あくまでもウェットタイプはプラスアルファとして与えてあげるようにしましょうね。

ウェットタイプを与え過ぎに注意

ウェットタイプを与え過ぎによる弊害に注意が必要です。

ウェットタイプは嗜好性が高いので、ワンちゃんが好んで食べてくれるのですが、ウェットタイプを与え過ぎるとドライタイプのドッグフードを食べてくれない事になってしまいます。

ドライフードは一番ワンちゃんに欠かせない食事ですので、ウェットタイプを与えすぎて肝心のドライタイプを食べてくれなくなるのは良くありません。なので、ウェットタイプを頻繁におやつとして与えないようにしましょう。

ウェットタイプはワンちゃんの食つきが落ちてしまった時やワンちゃんへのご褒美としてたまに与えるのが良いです。たまにワンちゃんの美味しいものを与えることで、ワンちゃんと飼い主の絆も深まりますので、ウェットタイプは稀にあげる程度にしましょう。

ウェットタイプは口臭の原因にも!?

ウェットタイプは口臭の大きな原因になることもあります。

また、ウェットタイプを与えると顎の筋肉が衰えてしまう事にもなりますので、栄養面を含めた健康面を考えてもドライタイプのドッグフードを当てる事が一番良いです。

コメントを残す