ウェルケアのドッグフードの原材料・成分チェック【口コミ・評判は??】

2013y12m20d_001949645

犬種別のドッグフードを出しているウェルケアのドッグフードの成分・原材料や口コミ・評判が気になる方は是非コチラでチェックしてみてください。

ウェルケアの原材料・成分チェック

チキン(鶏肉、チキンミール、チキンパウダー)、米糠、グルテンフィード、小麦粉、米粉、グルテンミール、動物性油脂、ビートパルプ、鮪粉末、アルファルファミール、ビール酵母、精製魚油(DHA・EPA源)、植物性油脂、酵母エキス、いりこ、オリゴ糖、鰹粉末、マグロエキス、乾燥カモミール、ミネラル類(食塩、塩化カリウム、炭酸カルシウム、硫酸亜鉛、ヨウ素酸カルシウム、硫酸銅)、ビタミン類(A、B2、B12、C、D3、E、塩化コリン、D-パントテン酸カルシウム、d-ビオチン)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン)、酸

 

粗たん白質…25.0%以上
粗脂肪…10.5%以上
粗繊維…4.0%以下
粗灰分…9.0%以下
水分…10.0%以下
カルシウム…1.0%以上
リン…0.8%以上
塩化ナトリウム…0.2%以上
リノール酸…1.0%以上
ビタミンA…9,000IU/kg以上
ビタミンE…100IU/kg以上
ビタミンB1…2.0mg/kg以上
ビタミンB2…4.0mg/kg以上
代謝エネルギー…340kcal以上/100g

ウェルケアを選ぶ多くの人が犬種別というワードに惹かれてしまいますが、ドッグフードを選ぶ際は犬種別を選択する優位性はほとんどありません。むしろ全犬種型で開発されたドッグフードの方がワンちゃんの健康を本気で考えて作られていますので、おすすめは犬種別ドッグフードよりも品質の良い全犬種型ドッグフードです。

ウェルケアのドッグフードはやや動物性タンパク質が不足しているように感じます。粗タンパク質25%以上は確保しているようですが、植物性タンパク質が占める割合も多そうですね。主原料に大事な肉があまり使われていないのが残念ですし、チキンミールやパウダーを使用しているのも評価出来ない点です。

ウェルケアの口コミ・評判

1.柴用? ぜひなぜ柴用なのかメーカーに自分で電話して確認してみてください。
柴用などという根拠をデータをもって示してメーカーは1社もありません。
毛艶がよくなるなどといいますが、データをもっての根拠はありません。
つまり柴用、チワワ用などという時点でそのフードは顧客を惑わす営業手段だといってもいいのです。

 

2.犬種別とは、上手い商売かと思います。
フードとしては、ごく普通で良いと思います。
あげてみて、体調が良さそうなら良いでしょう。

 

3.微妙です。

①動物性の食材が少なすぎます。

②柴犬専用を謳うのであれば、他の犬種より痴呆症になりやすいので鶏だけではなく魚も入れて欲しいです。

③「皮膚や被毛の障害が出やすい柴」と言っているくせにアレルギー反応を起こしやすい穀物を使用しています。
皮膚疾患やアレルギーを起こしやすい犬種は穀物不使用フードにするべきです。
というかどの犬も穀物不使用にするべきです

 

4.今はウェルケアを与えているのですが、知恵袋や他のサイトを見ても、あまりいい評価されていません。 ウェルケアの何がいけないんでしょうか?値段が高ければいいのは当然な気がします。

ウェルケアはあまり良い評判・口コミは見られませんでした。ウェルケアの原材料や成分、犬種別という点に疑問の声が多くウェルケアをおすすめしている方はあまりいませんでした。

ただ、ウェルケアを使用してい問題があった、アレルギーが起きたなどの使用者の悪い口コミ・評判もあまりなかったので、使用者は納得している方が多い印象ですね。ドッグフードとしては可もなく不可もなくと言ったところです。

コメントを残す