ドッグフードで毛並み・毛艶が全然違ってくる理由

2013y12m19d_043412186

愛犬の毛並みのパサパサに悩んでいませんか。その原因の多くが間違ったドッグフードを選んでいる事にありますので、是非ドッグフードの原材料をチェックしてみてください。

毛並み・毛艶に悩む原因はドッグフード

・主原料がコーン,小麦,○○粉等

毛並み・毛艶で悩む飼い主の方が選んでいるドッグフードを見ると、多くの場合低タンパク質のドッグフードや植物性タンパク質の多いドッグフードを選んでしまっています。

ワンちゃんにはタンパク質が必要なのですが、タンパク質が少ないドッグフードを選んでしまっていてはワンちゃんに必要な栄養素が十分にとれていません。また、とうもろこし、小麦、大豆などの穀物の植物性タンパク質は犬にとって消化しにくいものですので、消化不良やアレルギーも引き起こす傾向にあります。また肉を主原料に使用していても、その肉が豚肉であったり粗悪な○○粉のような表記であればワンちゃんの健康を損なってしまいます。

ではなぜそこまで動物性タンパク質がワンちゃんの毛並み・毛艶に影響を及ぼすのか。タンパク質は犬の筋肉、骨格、血液、皮膚、毛など様々な部分を構成するのに欠かせない重要な成分です。また、犬は摂取したタンパク質の多くを被毛の成長に費やしますので、毎日の食事で十分なタンパク質を摂取していないと毛並みがパサパサになり、毛艶が失われてしまいます。

ですから、愛犬の毛並み・毛艶に異常を感じたらすぐにドッグフードを見直してください。再度ドッグフードを選ぶ際は、良質な動物性タンパク質がたっぷり含まれている健全なドッグフードを選ぶ事が大事です。高タンパク質で低炭水化物のドッグフードで添加物が含まれていないドッグフードを食べ続ければ自然と毛並み・毛艶が改善されると思います。ワンちゃんの毛並みや毛艶の異常はワンちゃんからの唯一のSOS信号ですので、その信号をしっかりと受け止めてワンちゃんのために本当に必要な栄養素を与えてあげてくださいね。

コメントを残す