ドッグフードとキャットフードの違い【犬にキャットフードは大丈夫??】

2014y03m21d_172736713

ドッグフードとキャットフードは一見するとほとんど同じですよね。そのためワンちゃんにキャットフードを与えても大丈夫なのかなと思ってしまいます。今回はドッグフードとキャットフードの違いを紹介させて頂きます。

ドッグフードとキャットフードの違い

ドッグフードとキャットフードは全然違います。

一見すると全く同じように思えますが、ドッグフードとキャットフードでは含まれている栄養価が全然違うんです。

キャットフードはドッグフードに比べて栄養価が高いです。それは、猫が食事からでしか摂取出来ない栄養素が犬に比べ多いからです。その代表例がタウリンです。タウリンは目の健康を保つ大事な栄養素なのですが、猫は体内でタウリンを生成することが出来ないために食事からタウリンを摂取する必要があります。

タウリン以外にも猫は体内で生成出来ない理由からビタミンA,ナイアシンなどの栄養素がキャットフードには特別に添加されているんです。

また、猫は犬に比べて嗜好性が高いためにキャットフードはドッグフードよりも嗜好性が高く作らています。特にキャットフードの外側には嗜好性を高めるコーティングがなされているためワンちゃんもその嗜好性の高さからキャットフードについつい食欲を駆り立てられることが良くあります。

ワンちゃんにキャットフードを与えるのはあり??

基本的にワンちゃんにキャットフードは駄目です。

キャットフードには猫が必要とする栄養素がたっぷり添加されていますので、ワンちゃんは不要な栄養素を摂り過ぎてしまい体に異常をきたすことがあります。もちろんすぐに体調不良が現れる訳ではありませんが、キャットフードを与え続けてしまうと塩分の多さや栄養の偏りにより腎臓病などを患うこともあります。

また、キャットフードは嗜好性が高いです。そのため、ワンちゃんに一度キャットフードを与えてしまうとワンちゃんがそのキャットフードから離れられなくなり本来必要なドッグフードを食べてくれなくなることも往々にしてあります。ですので、基本的にワンちゃんにキャットフードを与えるのは辞めた方がいいです。

当然ながら猫にドッグフードを与えるのも駄目です。

猫にドッグフードを与えると必要な栄養素が取れないために病気になることが良くあります。特にタウリンを摂取出来ない事から目に障害が出ることが多いので、注意しましょう。

コメントを残す