ドッグフードにトウモロコシが良くない理由

2014y03m16d_160244741

ドッグフードの原材料で良く見かけるトウモロコシですが、トウモロコシはワンちゃんには良くありません。そこで、トウモロコシが良くない理由について紹介させていただきます。

トウモロコシが駄目な理由

植物性タンパク質を求めてない

ワンちゃんは植物性タンパク質を求めていません。

トウモロコシはタンパク質の原材料として利用されていることが多いですが、トウモロコシは動物性タンパク質ではなく植物性タンパク質です。ワンちゃんの体に必要なアミノ酸がしっかり確保出来るのは動物性タンパク質です。ですので、植物性タンパク質を摂取してもワンちゃんの健康維持にはなりません。

また、植物性タンパク質はワンちゃんにとって消化が難しんです。本来ワンちゃんは植物性タンパク質を口にすることのない動物ですので、体の中に上手く消化出来る酵素がないんですよね。なので、植物性タンパク質を摂取し続けると消化器官の病気になることもあります。

炭水化物の過剰摂取になりやすい

トウモロコシを使用したドッグフードでは炭水化物過剰摂取になりやすいです。

ワンちゃんの体の健康を支えるための最適な成分配合は、高タンパク質低炭水化物です。

逆に炭水化物の過剰摂取になると肥満になりやすくなり、低血糖症、糖尿病などの病気になることもあります。

ワンちゃんが肥満にならないように気を遣っている方は人間と同じような感覚で肉類の多い餌を減らしてヘルシーな穀類中心の餌に切り替えがちですが、それは間違っています。穀類中心の食事では高炭水化物の食事になり肥満になりやすいんです。

アレルギーになりやすい

ドッグフードの原材料の中でもアレルギー反応が出やすいのがトウモロコシです。

トウモロコシ、大豆、小麦、乳製品などはワンちゃんのアレルギー反応を引き起こしやすい食事です。そのためアレルギー反応が出やすい子ほど注意が必要でしょう。

トウモロコシが利用される理由

トウモロコシが利用されるのは単純に安上がりだからです。

トウモロコシがワンちゃんにとって良くない原材料であることは広く知られていることなのですが、いまだにトウモロコシを主原料に利用しているドッグフードが無数にあります。これらはドッグフードの生産コストを抑えるためにワンちゃんの体に良くないトウモロコシを平然と使用しちえるんです。

そんなドッグフードはワンちゃんの健康など全く考えていないと思って間違いないです。ワンちゃんの健康を考えればトウモロコシを使うなんて出来ませんからね。なので、トウモロコシを利用したドッグフードには十分に注意しておきましょう。

コメントを残す