ドッグフードに発がん性のある物質が含まれているの??

2014y03m20d_171743536

ドッグフードには発がん性のある物質が含まれていることがあります。今回はそんな危険性のある添加物を紹介させて頂きます。

発がん性のある物質は??

BHA
BHT
エトキシニン

ドッグフードに含まれる発がん性の危険性のある物質は主にBHA、BHT、エトキシニンです。

BHA、BHT、エトキシニンはドッグフードの酸化を防ぐために酸化防止剤つまり長期保存のための添加物としてドッグフードに使用されています。

BHAはガソリンの酸化防止剤、BHTは石油の酸化防止剤、エトキシニンは天然ゴムの安定剤として作られた化学合成された化学物質です。

これらの酸化防止剤は発がん性があることが主張されたのですが、微量であればワンちゃんの健康には問題ないとの報告により今でも多くの多くのドッグフードに長期保存のための酸化防止剤として利用されているんです。

BHA、BHT、エトキシニンは安全??

一度は発がん性があることが問題視された化学物質であるBHA、BHT、エトキシニンですが、微量であればワンちゃんへの健康には問題ないということで各ドッグフードメーカーの多くが利用していますが、果たしてこれらは本当に安全なのでしょうか。

正直安全とは言えません。

ドッグフードに含まれる添加物の安全性に関しては歴史が古いために信ぴょう性の高いデータはあまり取れていないのが現実です。そのため、将来的にBHA、BHT,エトキシニンの危険性が再度クローズアップされる可能性もありますし、それらのドッグフードを与え続けてしまった場合手遅れになってしまうこともあります。

現に添加物が多く含まれたドッグフードを食べ続けて腎臓、肝臓、心臓の疾患を抱えたり、皮膚や毛並みに問題を抱えたりするワンちゃんはたくさんいますので、危険性のあるBHA、BHT、エトキシニンのような添加物入りのドッグフードを与えるのはオススメ出来ません。

酸化防止剤は要チェック

基本的に添加物は良くありません。

ですが、BHT、BHA、エトキシニンのような発がん性の危険性もある化学物質による酸化防止剤の添加はもっと駄目です。そのため、酸化防止剤はローズマリー抽出物、トコフェノール(ビタミンE)などの天然系の物を使用しているドッグフードを選ぶようにしましょうね。

間違ってもBHA、BHT、エトキシニンのような酸化防止剤入りを選んではいけません。

コメントを残す