ドッグフードのラム肉とチキンの違いは??どっちが良いの??

2014y03m16d_231502371

ドッグフード選びでラム肉とチキンどちらが良いのか迷っている方も多いと思いますので、ラム肉とチキンの違いについて紹介させていただきます。

ラム肉とチキンの違い

ラム肉はご存知羊の肉のことで、チキンは鶏肉のことです。

ドッグフードには動物性タンパク質としてラム肉、チキンが多いのですが、ラム肉とチキンの大きな違いはアレルギーになりにくいかどうかと嗜好性です。

ラム肉は比較的他の食肉よりもアレルギーになりにくい食材と言われています。そのためアレルギーが気になる方はラム肉のドッグフードを選ぶことが多いですし、ワンちゃんの健康に気を遣うならラム肉がオススメとも言えます。

また、チキンは嗜好性が高い食材として知られています。そのためワンちゃんの食付きが気になる方にはチキンをタンパク源にしたドッグフードが良いでしょう。

もちろんラム肉でもアレルギーにならないということではありませんし、チキンだからと言って食付きが絶対に良い訳ではありません。あくまでもアレルギーを気にされるのであればラム肉、食付きを気にされるのであればチキンの方が比較的良いということです。

ラム&ライスのドッグフードに注意

ラム肉はアレルギー反応が出にくい食材です。

そのためドッグフードには低アレルゲンフードとしてラム肉が使用されることが多いのですが、ラム&ライスのドッグフードには注意しましょう。

ワンちゃんのアレルギーを引き起こしやすい食材はトウモロコシ、小麦、豚肉、牛肉、乳製品、大豆などですが、なぜか低アレルゲンフードと主張するラム&ライスには原材料にアレルギー反応を起こすことが多いトウモロコシや大豆製品、小麦などが多々使用されています。おそらくコストを抑えるためなのでしょうが、ラム肉を使用して低アレルゲンフードと主張する意味がなくなっています。

低アレルゲンフードをお探しの方はしっかり原材料をチェックしましょうね。

また、ラム&ライスのドッグフードは穀物類が多いのも特徴です。ラム肉を使用しているのは良いのですが、穀類のライス、トウモロコシ、小麦などはワンちゃんの消化に負担になり栄養的にも良くありません。

そのためラム肉のドッグフードをお探しの方はラム&ライスのようにアレルギー反応が多い食材や穀物類が多く使用されているフードは避けるようにしましょう。

コメントを残す