ドッグフードの正しい切り替え方を学んで下痢対策

2013y12m19d_054257295

ドッグフードを新しい物に切り替える際にはちょっとしたコツが必要です。そうすることで、切り替えの際に良く起こる下痢を防げます。

ドッグフードの切り替え方法

普段食べてもらっているドッグフードを違うものに切り替える際は、いきなりドバっと給与量の全部切り替えるのは駄目です。

ワンちゃんの腸内環境は人間よりもデリケートなので、新しいドッグフードをいきなり食べると下痢を起こしてしまいます。そのため、いきなり全部ではなく徐々に新しいドッグフードに切り替えていくことが大事です。

また、ワンちゃんは新しいドッグフードに抵抗感を感じる事がありますので、食べてくれないケースもあります。ですが、今まで食べていたドッグフードに新しいドッグフードを混ぜることで食いつきよく食べてくますので、いきなり全部を変えるのではなく徐々に変えていくようにしましょう。

新しいドッグフードをあげる初日であれば、全体量の20%ぐらいに抑えて日に日に10%ぐらい増やす形で新しいドッグフードに切り替えていくと良いです。その方がワンちゃんの嘔吐や下痢を防げますし、ワンちゃんの警戒心を解除することが出来ます。

ワンちゃんと一緒に頑張ろう

新しいドッグフードと今までのドッグフードを少しづつ混ぜながら与えるのは面倒だと感じる方もいますが、ワンちゃんのためにここは飼い主も頑張りましょうね。

ワンちゃんも新しいドッグフードに敏感になっていますし、下痢や嘔吐を起こすかもしれませんんので、可愛い愛犬に苦痛を伴わせないためにも新しいドッグフードと今までのドッグフードを混ぜて切り替えていく努力ぐらいはしてあげましょう。でないと、ワンちゃんが可哀想ですからな。ワンちゃんが苦しそうに下痢や嘔吐をしている姿はどの飼い主さんも見たくありませんよね。なので、焦らず少しづつ新しいドッグフードに切り替えるようにしましょうね。

コメントを残す