ドッグフードの正しい選び方を習得してワンちゃんの健康を維持

2013y12m18d_184812317

愛犬の健康に欠かせないのがドッグフード選びです。ワンちゃんの健康を守るためには飼い主の方が安全・安心のドッグフードを選んであげることが大事です。

安心出来ないドッグフードばかりの実情

実は、現在市販されているドッグフードの多くが安心して大事なワンちゃんに与え続けられない粗悪品ばかりなんです。

これは過剰表現ではなく本当に粗悪なドッグフードが多いんですよ。ディスカウントストアやスーパーに行けば大容量で格安のドッグフードがたくさん陳列されていたり、ネット上でまとめ買い購入で超格安価格で購入出来たりしますが、正直ゾッとします。

格安ドッグフードのほとんどがワンちゃんの健康を阻害する悪質な合成添加物・肉の副産物・劣悪な食材を使用して徹底的にコストを抑えているんです。なので、そのドッグフードを愛するワンちゃんに与え続けるというのは、本当にゾッとします。なので、みなさんには是非ともワンちゃんの健康のために安心出来るドッグフードを選べるようになって欲しいと思います。

ドッグフードでは原材料をチェック

 肉が主原料であるかチェック

まずチェックして欲しいのが、原材料の主原料です。

ワンちゃんは肉食動物ですので、高タンパク質の食事が欠かせません。ですので、主原料が肉類であるかどうかチェックをしてあげてください。この時、間違ってもトウモロコシが主原料となっているようなドッグフードを選んではいけませんよ。トウモロコシような穀物はワンちゃんにとって全く不必要な栄養素ですから、ドッグフードメーカーのコスト削減によるかさ増しにしか過ぎません。

 合成保存料、酸化防止剤などの添加物を含んでいないかチェック

ワンちゃんの健康に大きく左右するのが添加物です。

ドッグフードは賞味期限が異常に長い商品が多々ありますが、これらの多くは合成保存料や酸化防止剤を大量に使用していますので、注意が必要です。合成添加物は基本的にワンちゃんの健康を阻害しますので、添加物フリーのドッグフードを選んであげることが飼い主さんには必要なことです。特にBHA,BHTは発がん性のリスクが高い危険な添加物ですので、要注意ですね。

 肉の副産物を含んでいないかチェック

主原料は肉が良いと言いましたが、肉の副産物に注意しましょう。

ドッグフードでは粗悪なかさ増しが多々行われています。その代表例が肉の副産物です。肉の肉産物とは、腸・胃・血液・爪・毛・羽や人間が食べられないレベルの肉のことです。これらをかさ増しとして利用しているドッグフードもありますので、注意しておきたいですね。出来ればワンちゃんには人間でも食べられる水準の食材を使っている安心なドッグフードを提供してあげることをオススメします。

 アレルギー源の穀物を含んでいないかチェック

また、ドッグフードに含まれる原材料によってアレルギーを引き起こすワンちゃんも多いので、穀物(小麦・大豆・トウモロコシ)を含んだドッグフードも注意が必要です。

原材料において以上の点に注意してワンちゃんのために安心・安全のドッグフードを選んであげるようにしましょうね。それがワンちゃんと長い付き合いをしていくために欠かせないことです。

コメントを残す