ドッグフードの正規品と並行輸入品の違いと注意点

2013y12m19d_010809359

ドッグフードは外国産の方が質も高く人気ブランドが多いので、輸入品を購入される方も多いですが、正規品と並行輸入品の違いは理解しておいて欲しいです。

正規品と並行輸入品の違い

正規品と並行輸入品の違いは、正規品が輸出先の気候・環境に合わせて製造されているのに対し、並行輸入品は製造国向けのままの状態の違いですね。

また、正規品と並行輸入品では輸入方法にも違いがあります。正規品は商品をしっかりと保護するための配慮が行わており、配達も迅速な航空便を使うケースが多いです。しかし、並行輸入品は高温多湿な劣悪な環境のコンテナ船で時間をかけて運ばれてくるケースが多いです。

そのため、正規品に比べ並行輸入品は商品の品質が悪い状態で輸入されてきます。ドッグフードであれば、高温多湿で品質が低下して酸化も進んだ状態で輸入されてくる訳ですので、ドッグフードを並行輸入品で購入するのは辞めておいた方が良いです。

人気の外国産ドッグフードは正規品を購入

外国産のドッグフードは有名なブランドや品質が良い物が多いので、多くの愛犬家が外国産を選んでいますので、並行輸入品には注意しましょうね。

外国産と国産で言えば国産を選ぶ消費者が多いですが、ドッグフードで言うと外国産の方が人気が高いです。日本よりもペット文化が進んでいる外国の方が良質なドッグフードが多数販売されていますので、外国産を購入される方が多いんですね。ただ、外国産と言っても中国製や中国産は論外ですよ。中国産のドッグフードを購入するのはありえません。人間が食べる食べ物さえ劣悪な環境で製造しているケースが多いので、ドッグフードの製造環境が良くないのはすぐに想像出来ます。ですので、私が言う外国産というのは中国産以外の欧米の事です。

ペットの健康を考えてせっかく外国産の良質なドッグフードを購入されるのであれば良質なドッグフードを良質なまま手に入れられる正規品購入をするようにしましょうね。

コメントを残す