ドッグフードの酸化防止剤には合成系と天然系あり

2014y03m04d_152142009

ドッグフードの酸化防止剤には合成系と天然系があります。今回は合成系と天然系について紹介させていただきます。

ドッグフードに酸化防止剤は必要??

ドッグフードには動物性油脂が使われることが多いです。

動物性油脂はワンちゃんの食欲をそそるため、ワンちゃんの食付きをよくするためにもドッグフードに良く使用されるんですよね。ワンちゃんは動物性タンパク質を食してきた動物ですので、動物性油脂が食欲を駆り立てられるのです。

そんな油脂は酸化しやすく、ワンちゃんの食欲不振、下痢、涙やけの原因にもなります。ですので、多くのドッグフードメーカーは油脂の酸化を防ぐためにも酸化防止剤を使用しているんです。酸化防止剤は酸化を防ぐための保存料とも言えます。

合成系と天然系

合成系

酸化防止剤には合成系と天然系があります。

合成系の酸化防止剤は文字通り天然素材によるものではなく合成された化学素材です。合成系酸化防止剤は古くからドッグフードに使用されてきました。ですが、発がん性のリスクがあるとのことが懸念材料になっています。そのため出来れば合成系の酸化防止剤が使用されているドッグフードは選ばない方が良いでしょう。

BHT、BHA、エトキシン

天然系

酸化防止剤にも天然系があります。

天然系の酸化防止剤は天然素材によって酸化を防ぐものですので、合成酸化防止剤よりも安全性は高いです。そのため、使用されている酸化防止剤は天然系の物を選択するようにしましょう。

アスコルビン酸(ビタミンC)、トコフェノール(ビタミンE)、ミックストコフェノール、クエン酸、ローズマリー抽出物、カテキン

天然系の酸化防止剤なら大丈夫??

「天然系は栄養素だから大丈夫」と思うのは早計です。

天然系の酸化防止剤は合成系の酸化防止剤に比べれば安全性が高くて良いのですが、豪天然酸化防止剤も添加物であることには変わりません。なので、いくら栄養素の添加物であるからと言って完全に安全とは言えません。

天然系の酸化防止剤は栄養素を添加している形になりますので、ワンちゃんに栄養素の過剰摂取になる場合があります。栄養素の過剰摂取は当然ワンちゃんの体に負担になり様々な病気を引き起こす原因になりますので、注意はしておきたいですね。

なので、出来れば添加物なしのドッグフードを選ぶのが良いです。

コメントを残す