ドッグフードはいつまで柔らかくふやかす必要があるの?

2014y03m14d_165040535

ドッグフードはいつまでも水やぬるま湯で柔らかくふやかす必要があるのか疑問に思っている方も多いですよね。そこで、目安を紹介させていただきます。

柔らかくものをカリカリに切り替える時期

基本的には生後3ヶ月、4ヶ月ぐらいですね。

生後3,4ヶ月ぐらいになれば毎日毎日水やゆるま湯で柔らかくふゆかす必要はありません。カリカリのドライドッグフードの状態で与えてあげればいいです。

ただ、3,4ヶ月目にいきなり柔らかい状態からカリカリの状態に変えてしまうとワンちゃんも戸惑ってしまうために徐々に切り替えるようにしましょう。水やゆるま湯の量やふやかす時間を調節しながら徐々に切り替えるようにしましょうね。

成犬でもふやかす必要はあるの??

柔らかいドッグフードからカリカリのドッグフードに切り替える時期は大体生後3,4ヶ月目当たりですが、成犬になればふやかす必要がなくなるという事ではありません。

成犬になってもふやかしてあげる意味はあります。

ワンちゃんは基本的に食べ物を飲み込む習性がありますので、大きな粒のドッグフードを飲み込む際に喉を傷つけてしまったり、喉にドッグフードを詰まらせてしまったりすることがあるんです。なので、喉が詰まりそうなワンちゃんにはドッグフードを小さく砕いてあげたり、柔らかくふやかしてあげることは必要になります。

また水やゆるま湯で柔らかくしてあげることで栄養素の吸収が良くなり、水分補給も同時にできるため生涯ふやかしてドッグフードを与えている飼い主さんもいらっしゃいます。もちろんふやかす事は手間がかかり大変です。ですが、ワンちゃんがその方が食べやすそうであったり、その方が体調が良いのであれば成犬になっても柔らかくして与えてあげることも検討してあげましょう。

小型犬は丸型の小粒がオススメ

小型犬は特に飲み込む際の喉の詰まりや喉が傷つくことが心配です。

そのため小型犬のドッグフード選びではドッグフードの形状が球状であること、粒が小さい事を一つの基準に入れてみましょう。毎日毎日柔らかくなるまでふやかしてあげることも大変ですので、丸飲みしても安心の球状で小粒のドッグフードを選んでみると良いですよ。

コメントを残す