ドッグフードを手っ取り早くふやかす方法【温度は何度?時間はどのくらい??】

2014y03m02d_222923187

ドッグフードをふやかす際、どのようにふやかせば良いのか迷ってしまいますよね。そこで、ドッグフードの正しいふやかし方について紹介させていただきます。

ドッグフードのふやかし方

粉々にしてみよう

ドッグフードをふやかす際、結構時間がかかってしまうという方もいるでしょう。各ドッグフードによってもふやかすことが出来る時間はまちまちですので、ふやかす時間を少しでも短縮させてあげたいと思う飼い主さんはドッグフードを粉々にしてからふやかしてみると良いですよ。ドッグフードを砕くことで、ふやける時間を短縮させることが出来ますからね。

ただ、ドッグフードを砕くことで空気に触れた酸化が始まることもありますので、都度都度砕くことをオススメします。砕いた状態での長期保存は酸化する可能性がありますので、控えましょう。砕く時間も必要になりますが、砕いた方が全体的には時間短縮になることもあります。

ぬるま湯でふやかそう

温度は30度~40度ぐらいのぬるま湯が良いです。

ドッグフードには熱に弱い栄養分も含まれていますので、貴重な栄養素を逃がしてしまわないためにもゆるま湯でふやかすようにしましょうね。また、ふやかす時間帯は10分~20分程で大丈夫です。10分~20分程放置していればドッグフードが全ての水分を吸収してしまい程よくふやけます。

仮にゆるま湯が余ってしまった場合もゆるま湯を捨てないようにしましょう。水に溶けてしまう水溶性の栄養素をとり損ねることになりますので、残ったぬるま湯を捨てずにそのままワンちゃんに与えてあげてください。また、ゆるま湯が残らないかちょっと残る程度が適量です。

中途半端な状態は良くない

ドッグフードを与える際は中途半端な状態は良くありません。

外側がふやけており、内側がカリカリの状態などの中途半端な状態はワンちゃんの胃腸に負担をかけることになりますので、ワンちゃんにドッグフードを与える際は、「しっかりふやかしている状態」或いは「カリカリのドライ状態」のどちらかで与えてあげるようにしましょう。

ワンちゃんの腸は固さによって反応を変えていますので、中途半端な物を入れてしまうと消化器に負担になることがあるんです。ですので、ドッグフードをふやかしてあげる際にはちゃんとふやかしてから与えてあげましょうね。

コメントを残す