ドッグフードジプシーを脱却するために意識すべきこと

2013y12m20d_081149311

ドッグフードジプシーに陥ってしまう飼い主さんは凄く多いので、脱却のために意識すべき事を紹介させて頂きます。また、“ドッグフードジプシー”とは何か気になる方もご覧になってみてください。

ドッグフードジプシーとは何??

ドッグフードジプシーとは、愛犬が食べてくれるドッグフードを探しては買い与え、また食べなくなったら次のドッグフードを探す・・・を繰り返してしまう飼い主さんの状態を指します。

飼い主からしたら可愛いワンちゃんがドッグフードを食べてくれないと心配になり、ちゃんと食べてくれるドッグフードを色々探してしまうのは仕方ありません。ですが、ワンちゃんを甘やかしてしまっている事が原因の可能性が高いので、そこは注意した方が良いです。

ワンちゃんに与えたドッグフードが原因で何らかの症状が出ているのであれば、ワンちゃんの体質に合うドッグフードを探してあげるのは飼い主さんの大事な仕事です。ですので、ワンちゃんの状態が良くないと感じたら愛犬に合ったドッグフードを一生懸命探してあげてください。ですが、ワンちゃんに合う合わない以前に、「口にしてくれない・・」「最後まで食べてくれない・・」などの理由で新しいドッグフードを買い漁っていたら駄目です。そうするとワンちゃんは「このドッグフードを食べなければ、次に違う物が出てくるはず♪」と期待してしまうので、泥沼状態に陥ります。

ですので、ワンちゃんの肌に合わない場合を除いては、厳しい目でワンちゃんを見守ってあげる事も大事です。そのために、与えたドッグフードを食べなくてもすぐに他のドッグフードをあげたり、お菓子をあげたり、食べ終わるまでのんびり待ったりしてはいけません。食べなければ、決まった時間内で取り上げちゃいましょう。そして余計な物は一切与えない。ちょっと可哀想に感じるかもしれませんが、こうすることでワンちゃんは「今ちゃんと食べないと駄目なんだ・・ちゃんと食べておかないと!!」と認識するので、しっかりと食べてくれるようになります。

ただ、本当にドッグフードがワンちゃんの体質に合っていない場合はすぐに違う物を検討しましょうね。ドッグフードは実際食べさせてあげないと、ワンちゃんに合うかどうかは分かりません。それぞれ体質が違いますので、評判がどれだけ良くても食べてみるまで分かりません。ですので、本当に体質に合わないドッグフードの場合はすぐに他のドッグフードを検討してみることも大事なんです。

コメントを残す