ドッグフード開封後の保存方法

2013y12m18d_213806955

ドッグフード開封後、保存方法に迷っている方も多いと思います。ドッグフードの保存方法次第では大事なワンちゃんの健康を損なう可能性もありますので、しっかりと保存したいですね。

ドッグフードは基本すぐ使い切る

ドッグフードはすぐ食べきるのが良いです。

良いドッグフードほど開封後すぐ駄目になりますので、基本はすぐに食べきるぐらいの量をこまめに購入される方が良いです。プレミアムドッグフードなんかは保存料、酸化防止剤などの添加物が含まれていないので、ワンちゃんの健康には凄く良いのですが、長期保存向きではありません。ですので、ワンちゃんのためを考えるとドッグフードは購入後、出来るだけすぐ食べきっていくのが良いです。

冷蔵庫保存は避け湿度の低い場所で保存

ドッグフードの保存場所としては、直射日光を避け湿度が低い場所を選ぶのが基本です。

ですが、冷蔵庫はNGですよ。冷蔵庫でドッグフードを保存すると出し入れの際に結露が出来てカビを発生させる原因となりますので、冷蔵庫保存はおすすめ出来ません。ですから、冷蔵庫以外の場所で湿度が低く、温度も常温の場所で保存するといいでしょう。

また、保存する際は必ずフタを密封出来るものを選んでくださいね。そうでないと酸化してしまいますからね。

ウェットフードは冷蔵庫で保存

ドライフードの場合は冷蔵庫NGですが、ウェットフードの場合は冷蔵庫での保存となります。ですが、ウェットフードは基本開封後すぐに食べ切るのものですので、出来れば開封してそのまま食べきってしまいましょう。

それでも余ってしまった場合は、容器を入れ替えて冷蔵庫で保存しましょう。出来ればその日に食べきりたいですが、致し方ありません。

以上のようにドッグフード開封後の保存方法には注意を払いましょうね。人間と同じで、ワンちゃんのエサも健康のために大事な食事ですので、保存方法は飼い主の方はしっかりと気を遣ってあげないと駄目です。また、何度も言いますが、ドッグフードの基本は早期に食べ切ることです。ドッグフードの多くは1ヶ月以内で食べ切る事を推奨していますので、あまり長期保存はおすすめ出来ません。出来るだけ開封後はすぐに食べきれるように調整しましょうね。

コメントを残す