ニュートロシュプレモドッグフードの原材料・成分チェック【口コミ・評判は??】

2015y01m15d_125519348

ニュートロのシュプレモドッグフードの原材料・成分をチェックしつつ、一緒に口コミ・評判を紹介させて頂きます。気になっている方は是非参考にしてみてください。

ニュートロシュプレモドッグフードの原材料・成分チェック

原材料

チキン生肉、乾燥チキン、玄米、粗挽き米、米糠、鶏脂*、乾燥ラム肉、乾燥サーモン、タンパク加水分解物、亜麻仁、ひまわり油*、ビートパルプ、オーツ麦、乾燥卵、トマト、ザクロ、ブルーベリー、クランベリー、パンプキン、ホウレン草、ニンジン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、β-カロテン、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(L-カルニチン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物
*ミックストコフェロールで保存

成分

タンパク質 25.0%以上、脂質 14.0%以上、粗繊維 4.0%以下、灰分 9.0%以下、水分 10.0%以下、アルギニン 1.0%以上、リジン 1.0%以上、亜鉛 250mg/kg以上、オメガ3脂肪酸 0.3%以上、オメガ6脂肪酸 3.6%以上、ビタミンE 400IU/kg以上、β-カロテン 0.5mg/kg以上、コンドロイチン 300mg/kg以上、グルコサミン 200mg/kg以上、代謝エネルギー 約350kcal/100g

ニュートロシュプレモの原材料を見ると一番最初にチキン生肉、乾燥チキンが使用されていることが分かります。これは主原料をしっかり動物性タンパク質である肉を使用しているということですので、猫が求める健康を考えたキャットフードだと言えます。さらに乾燥ラム肉や乾燥サーモンを使用するなど様々な栄養価が取れるように様々な動物性タンパク源となる食材を使用していますね。

また、原材料には余分な添加物が一切なく、安心して食べられる水準の食材がズラッと並んでいるのでシュプレモは良いキャットフードだと言えます。気になるのは成分のたん白質の数値が低いという事でしょう。ネコは高たんぱく・高脂肪・低炭水化物を求めるので、25%以上という数値はちょっと低いですね。これでは炭水化物の数値が逆に多いことが考えられます。

ニュートロシュプレモドッグフードの口コミ・評判

1.うちのワンコは食が細く好き嫌いが激しいのですが、ソルビダとシュプレモは食べましたのでローテーションに加えてます。

2.シュプレモはうちも軟便になり増えました。。

3.うんちの回数、量にびっくりしています。
軟らかめで3時間おきくらいにかなりの量をします。

4.今、ニュートロシュプレモアダルトを食べているのですがやはり食いつきが悪いです。

ニュートロシュプレモは口コミを見てみるとやや受けが悪いようです。シュプレモの良くない口コミとして多かったのが「便が軟便になること」「便の量が多くなること」でした。シュプレモは成分数値を見るとタンパク質が低く炭水化物が多いと見えますので、多い炭水化物源となる穀類が軟便の原因になっているのではないでしょうか。

また、食いつきが良くないとの声もあります。食いつきに関しては猫ちゃんの好み次第なんでしょうが、ちょっと食いつきが良くないとの声が多かったので、こちらの面でもやや気になるところです。

コメントを残す