ネイティブドッグの原材料・成分チェック【口コミ・評判は??】

2014y03m16d_214445883

「名門ブリーダーの理想的なドッグフード」として売られているネイティブドッグフードの原材料・成分、口コミ・評判は果たしてどんな感じなのでしょうか。

ネイティブドッグの原材料・成分チェック

原材料:チキン、コーン、米、鶏脂肪、オートミール、小麦粉、コーングルテンミール、トマト、ビートパルプ、魚肉、卵、イースト、亜麻仁、食塩、チコリー(フラクトオリゴ糖)、乳酸菌、ユッカ抽出物、グルコサミン、レシチン、L-カルニチン、コンドロイチン硫酸、イノシトール、ラクトフェリン、ビタミン類(A, B1, B2, B6, B12, C, D, E, K, ナイアシン, パントテン酸, 葉酸, ビオチン, コリン)、ミネラル類(Ca, Cu, Fe, Mn, Zn, Co, Se, I)、酸化防止剤(トコフェロール, クエン酸, ローズマリーエキス)

成分:粗たん白質25.0%以上、粗脂肪16.0%以上、粗繊維4.5%以下、粗灰分8.0%以下、 水分10.0%以下、代謝エネルギー(ME)392kcal/100g

ネイティブドッグは栄養バランスを考えての原材料・成分構成になっていますね。ブリーダーの理想的なドッグフードと唄うだけあって乳酸菌を配合したり、ビタミン・ミネラルもこれでもかというほどかなり添加しているのが分かります。

ただ、気になる部分は主原料にコーンが使用されていることです。コーンは文字通りトウモロコシのことですので、ワンちゃんにはあまりオススメ出来ない原材料が含まれているのがマイナスポイントです。トウモロコシは主に原材料のコストや生産効率を高めるために使用される素材ですので、ワンちゃんの健康を考えれば入れて欲しくない素材です。

また、ビタミンやミネラルの添加量が多いのも気になります。たっぷり栄養素が含まれているのは良いのですが、ビタミン・ミネラルの添加が多いと摂り過ぎになることが多いので、本来であれば原材料の素材自体からビタミン・ミネラルが十分に摂取出来る構成にするのが良いんですよね。

ネイティブドッグの口コミ・評判は??

1.犬自身、あまり気にせずパクパク食べてますし、体調にも何ら変わりはありません。飼い主としては低価格で量もあり、助かってますのひと言に尽きますね。

 

2.ネイティブドッグは非常に良いフードだと思います。ウンチは1日に3回程度に減りました。涙やけは治りましたし、毛艶がものすごくよいです。

 

3.個人的にはネイティブドッグのプレミアムチキンは
値段の割りに質がよくてオススメです。

 

4.森乳のスーパーゴールドネオがネイティブドッグと原材料、保証成分含有量共に、何ひとつ違わず一緒だと気づきました。

ネイティブドッグは比較的高評価のようです。

「価格帯の割に質が良い」との声が結構多いようです。ネイティブドッグフードは量も多く価格も安めで納得されている購入者が多いのですね。ただ、森乳のスーパードールドネオと全く原材料が一緒であるようです。なので、完全にオリジナル商品ではないっぽいですね。

また、ネイティブドッグは価格重視の方にならオススメ出来ますが、価格重視ではない方にはあまりオススメ出来ません。「名門ブリーダーの理想的なドッグフード」とありますが、ブリーダーは質の良いドッグフードよりも比較的安価なドッグフードを好む傾向にあります。

ブリーダーはかなり多くのワンちゃんを育てているために月の餌代がかなりかかるために餌代を抑えるためにも安価なドッグフードを選ぶ傾向にありますので、ブリーダーが使用しているドッグフードが良いドッグフードという訳ではありません。なので、質を求める方は他のドッグフードの方が良いでしょう。

コメントを残す