プロマネージドッグフードの原材料・成分チェック【口コミ・評判は??】

2015y01m05d_132708829

最先端の科学に基づき開発されたドッグフードのプロマネージの原材料・成分をチェックしつつ実際に使用している方の口コミ・評判を紹介させて頂きます。

プロマネージの原材料・成分チェック

原材料

穀類(米、とうもろこし、さとうもろこし)、肉類(チキン、家禽類)、チキンエキス、コーングルテン、油脂類(鶏脂、サンフラワーオイル)、食物繊維(シュガービートパルプ、フラクトオリゴ糖)、トマトパウダー、マリーゴールド、ベータカロテン、STPP(トリポリリン酸塩)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素、リン)、アミノ酸(タウリン)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

成分

タンパク質: 24.5%以上、脂質: 14.0%以上、粗繊維: 2.0%以下、灰分: 8.5%以下、水分: 9.5%以下、カルシウム: 1.0%以上、リン: 0.7%以上

原材料の表記で一番最初にあるのが穀類です。

プロマネージで最も多く使用されている原材料が穀類であることがわかるのですが、穀類は栄養素として主要栄養素である炭水化物やタンパク質となるのですが、ドッグフードに使用されるトウモロコシはタンパク質としては栄養価が低く吸収しにくいという特徴があります。

また動物性タンパク質として重要な肉の部分では家禽類という表記があるのも気になります。このように○○類という表記では実際なにが使用されているのが分かりにくいので、しっかり何かを記載されている方が良心的だと言えますね。

そして一番気になるのが酸化防止剤にBHAやBHTが使用されていることです。クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物は問題ないのですが、BHAやBHTはやや問題視されている酸化防止剤であり賛否両論があります。

プロマネージドッグフードの口コミ・評判

1.うちの犬にはあいませんでした。皮膚にトラブルがでた。

2.脂分の酸化防止にBHAという有害な合成物質を使っているので私の愛犬には与えたくない銘柄です。

3.プロマネージ使っていましたが、、、原材料について勉強してみてください(・・;)

プロマネージドッグフードの口コミ・評判で最も多かったのが原材料の酸化防止剤にBHAやBHTが記載されていることを示しながら「プロマネージはお勧めしない」「BHAを含んでいるドッグフードは与えられない」などの声でした。

BHAは将来的に発がん性のリスクがある有害物質として知られている原材料ですので、ワンちゃんの健康を考えて少しでもリスクのあるBHAを含んでいるドッグフードは避けたいという飼い主さんが多いようですね。もちろんそれを気にしない飼い主さんもいますが。

コメントを残す