ペディグリードッグフードの原材料・成分チェック【口コミ・評判は??】

2015y01m02d_154917466

美味しく、シンプルに作られたペティグリードッグフードですが、どんな原材料・成分構成になっているのか気になるところです。ペディグリーを実際に使用する飼い主さんの口コミ・評判情報も一緒にご覧になってみてください。

ペディグリーの原材料・成分チェック

原材料

穀類(小麦、さとうもろこし、大麦、米、とうもろこし等)、肉類(チキン、ビーフ)、油脂類(牛脂、ひまわり油)、野菜類(にんじん、ほうれん草、トマト)、グルコサミン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、亜鉛、鉄、銅、ヨウ素、セレン、クロライド)、アミノ酸類(メチオニン)、着色料(赤102、青2、黄4、黄5、二酸化チタン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、酸味料

成分

粗タンパク質・・・18.0%以上
粗脂肪・・・10.0%以上
粗繊維・・・4.0%以下
粗灰分・・・8.0%以下
水分・・・10.5%以下

ペディグリーは原材料の最初に穀物類が記載されていますね。これは原材料の中で最も穀物類が多く使用されていることを指しますので、本来肉が必要で穀物があまり必要ないワンちゃんにとっては微妙です。

特に穀物類には小麦、トウモロコシのようにアレルギー反応の原因になりやすい穀物が多く含まれている点もワンちゃんの健康を考えると心配になります。また安物のドッグフードにありがちな着色料がしっかり使用されています。

この着色料に関して嘘の記載をするドッグフードが多い中、しっかり着色料を原材料に記載している分だけ優良とは言えますが、それでも着色料を使用しているドッグフードは長くワンちゃんと付き合っていくうえで大きな問題となってしまうことがありますので、出来ればこのように着色料を使用しているドッグフードは避けておきたいです。

ペディグリードッグフードの口コミ・評判

1.普段「ペディグリー」や「いぬのしあわせ」というドッグフード(ドライフード)を犬に与えているのですが、先日の健康診断(血液検査)で獣医さんにたんぱく質が平均より低いと言われてしまいました。

2.旦那にドッグフードを買ってきてもらったら、ペディグリーを買ってきました。。仕方なく食べさせたら、うんちの調子がすごくいいんです!!

3.ペディグリー・・・
ん~、論外だなぁ。

4.ゴールデンレトリーバを飼っています。餌はペディグリーの大型犬用を与えています。現在11ヶ月です。餌によって体臭や糞の匂いとかに影響はありますか?体臭が臭いです。

5.ペディグリーをあげたことがありますが量が多く大変でした。

ペディグリーの評判ははっきり言って良くありません。

穀物類が原材料の一番最初に記載されている通り、炭水化物が多めでタンパク質が少な目ですので、ペディグリーを与え続けることで毛並を整えたり、筋力を支えるタンパク質の値が低くなってしまったという飼い主さんの声もありました。

また、タンパク質はワンちゃんにとって消化が難しい植物性タンパク質中心の構成になっていることから便の量が多く悩んでいる飼い主さんの声も多かったです。ただ、それとはまったく逆に他のドッグフードよりも便の状態が良くなったという声もありますので、ワンちゃんの体質次第ですね。

ただ、原材料や成分を見てみたり、口コミや評判を見てみた限り良い意見よりも悪い意見の方が多かったので、あまりオススメ出来るドッグフードではないでしょう。

コメントを残す