ホリスティックレセピードッグフードの原材料・成分チェック【口コミ・評判は??】

2015y03m04d_174528034

ホリスティックレセピードッグフードが気になっている方のためにホリスティックレセピーの原材料・成分の解説とともに、口コミ・評判をまとめて紹介させて頂きます。

ホリスティックレセピードッグフードの原材料・成分チェック

原材料

ラム肉粉、醸造米、玄米、大麦、ラム肉、鶏脂、豆タンパク、ナチュラルフレーバー、ビートパルプ、トマト粗、醸造酵母、亜麻仁ミール、塩、緑茶、塩化カリウム、塩化コリン、ユッカフォーム抽出物、アスコルビン酸、DL‐メチオニン、グルコサミン、コンドロイチン、ビタミン類(E、A、D3、B12、ナイアシン、B2、パントテン酸、B1、B6、葉酸、ビオチン)、ミネラル類(亜鉛、アミノ酸キレート化亜鉛、鉄、マンガン、アミノ酸キレート化マンガン、銅、アミノ酸キレート化銅、ヨウ素、セレン、コバルト)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリーエキス)

成分

たんぱく質・・・22.00%以上
脂質・・・12.00%以上
粗繊維・・・4.50%以下
粗灰分・・・8.50%以下
水分・・・10.00%以下
カルシウム・・・1.00%以上
リン・・・0.80%以上
オメガ3脂肪酸・・・0.25%
オメガ6脂肪酸・・・1.63%
エネルギー・・・340kcal/100g

ホリスティックレセピーの原材料を見るとラム肉が主原料として使用されているのですが、厳密にはラム肉ではなくラム肉粉というのが気になります。これは製造メーカーがラム肉を仕入れて作っているのではなく、ラム肉の粉を仕入れて作っていることを意味します。肉の塊のまま仕入れれば、どんな肉が使用されているのか一目で分かりますが、粉の状態で仕入れている場合は製造メーカーがどんな質の肉が使用されているのか判断しにくいために、購入者としても不安が残ります。

また、原材料にビートパルプが使用されているのも不安材料になります。ビートパルプはコロコロの健康そうなウンチが出る一方で、ウンチがコロコロになるように無理にさせるため、腸に負担がかかり便秘がちになってしまうこともあります。

それら以外にはタンパク質の数値が低い事が気になります。22%以上という数値ですが、ワンちゃんは高タンパク質の食事が理想ですので、もう少し肉の割合を増やし高タンパクに仕上げるのが理想的です。

ホリスティックレセピードッグフードの口コミ・評判

1.久しぶりにホリスティックレセピーを購入し与えたら、便秘になったので又元のに戻して与えています。

2.我が家のフレブルは少しアレルギー気味なんですが、レセピーを与えてから涙やけがマシです。たまに出ていた湿疹も出なくなりました。

3.7歳のワンちゃんにホリスティックレセピーを昨日からあげていますが、うんちがゆるいです。 下痢ぎみです。

4.ホリスティックレセピーを与えていますが いまひとつ食いつきが悪いです。

ホリスティックレセピーは飼い主さんの声としてはそこまで悪い口コミはありませんでしたが、「便秘になった」という声が見られました。これは一概にそうだとは言えませんが、ビートパルプによる影響も関係しているのかもしれません。また、逆に便利になったという声もあり、これは大麦や玄米などの穀物がやや多いことが影響してるか、フードの切り替えに体が慣れていないかどうかが関係していると思います。

もちろん良い口コミもたくさん見られました。一番多いのは、「長年使っている」「ずっとホリスティックレセピーだけど問題なく、ワンちゃんの状態も良いので、これからも使い続ける」という声です。

コメントを残す