ホームセンターのドッグフードをオススメしない理由

2014y03m20d_175328327

スーパー、ホームセンターのような量販店のドッグフードがオススメ出来ない理由を紹介させて頂きます。ホームセンターでのドッグフード購入を検討されている方は是非こちらをチェックしてみてください。

オススメ出来ない理由

良質なドッグフードが卸されていない

基本的に良質なドッグフードはホームセンターには卸されていません。

もちろんホームセンターに置かれているドッグフード全てが粗悪品だとは言いませんが、良質なドッグフードはホームセンターような量販店にはドッグフードを卸さない傾向にあります。

なぜなら、ホームセンターの販売員にはそもそもドッグフードの知識やワンちゃんの健康の知識がないため飼い主の方に的確なアドバイスが出来ないからです。またドッグフードの質を求めていない方が誤って購入してしまうのを防ぎ、本当に質を求める方のみに購入してもらう事を狙っているからです。

当たり前のように主原料はトウモロコシ

ホームセンターに置かれるドッグフードにはトウモロコシが当たり前のように利用されています。

トウモロコシはワンちゃんのアレルギー原因になる食品ですし、ワンちゃんに必要なタンパク質を十分に吸収出来ない植物性タンパク質ですので、主原料で使用することはおろか、ドッグフードの原材料に入れること自体良くありません。

本来ワンちゃんはトウモロコシや小麦などの穀類から植物性タンパク質を吸収するよりも、肉から動物性タンパク質を吸収する方が適していますので、穀類が主原料になっているドッグフードを与え続けるのは健康面でオススメ出来ません。

長期保存のため添加物がたっぷり

ホームセンターに置くためには長期保存が必要です。

量販店で多くの商品を陳列するため商品は十分に日持ちする必要があるんですよね。そのためホームセンターで売られているドッグフードは日持ちさせるために酸化防止剤、防腐剤などの添加物がたくさん利用されています。

それらの添加物は当然ながらワンちゃんの健康には良くありません。添加物は体の中から排出される際にキツイ体臭や口臭となったり、皮膚の痒みや毛並みの悪化などの症状を引き起こす原因になります。

コメントを残す