ヨークシャーテリア向けのドッグフードを選ぶポイント

2014y11m27d_154704570

美しいシルクのような光沢のある被毛が特徴的なヨークシャーテリアにはどんなドッグフードがおススメなのか、今回は愛くるしい姿が人気の小型犬ヨークシャーテリア向けのドッグフード選びのポイントを紹介させて頂きます。

ヨークシャーテリア向けのオススメポイント

良質な動物性タンパク質

ヨークシャーテリアの最大の特徴は美しい被毛です。

その美しい被毛を美しく保ち続けるためには、被毛の成長を支える栄養素を補給することが大切です。その被毛の成長を支えている栄養素とはタンパク質です。

タンパク質不足では被毛が正常に成長せず被毛のツヤやハリが失われたり、毛並が悪くなったりしますので、ヨークシャーテリアの美しい被毛を守るためにもタンパク質を摂取させてあげることが大切です。

また、タンパク質の質によっても被毛の美しさに大きな影響がありますので、出来る限り良質なタンパク質である動物性タンパク質のドッグフードを与えてあげるようにしましょう。

穀物類でタンパク質を補っているような植物性タンパク質のドッグフードでは良質なタンパク質を確保することが出来ず被毛のツヤやハリ、毛並の美しさが失われる原因になりますし、皮膚アレルギーの原因にもなりますので、動物性タンパク質のドッグフードを選ぶと良いでしょう。

関節を支える栄養素

ヨークシャーテリアは関節の健康支持も考えてあげなければなりません。

小さな体で動き回るヨークシャーテリアは関節に負担がかかりやすくなりますので、年をとっても関節をスムーズにすることが出来る関節主成分が含まれるドッグフードを選ぶと良いです。

関節主成分としてグルコサミン、コンドロイチンが有名です。グルコサミン、コンドロイチンは関節のスムーズな動きを支える関節軟骨の重要な成分ですので、関節の強化的な役割があります。

アレルギーの原因となる原材料に注意

ヨークシャーテリアはアレルギーにも注意が必要です。

美しい被毛、毛並を維持するためには皮膚炎にも注意しておかなければなりません。そのためアトピーやアレルギーの原因となる原材料には注意しておきましょう。

特にトウモロコシや小麦などを平気でドッグフードの主原料として使用しているドッグフードが多々ありますが、トウモロコシや小麦はワンちゃんのアレルギーの大きな原因となり得る原材料ですので、トウモロコシや小麦などアレルギー反応が多い食材を原材料に含んでいるドッグフードは避けるようにしましょう。

コメントを残す