ワンちゃんがドッグフードを急に食べなくなった時に焦りは禁物

2014y11m06d_143725086

ワンちゃんが突然ドッグフードを食べなくなってしまうことは良くあります。そんな時に焦って新しいドッグフードを買ってきたり、おやつを与えてみたりする必要はありません。焦りは禁物です。

焦ると大参事になる

ワンちゃんがドッグフードを突然食べなくなった時に多くの飼い主の方は、なんとしても愛するワンちゃんにご飯を食べてほしいがために、新しいドッグフードに切り替えてみたり、おやつを与えてあげたりすることが多いですが、それらは良くありません。

ワンちゃんは、飼い主さんの行動から「ドッグフードを食べないで我慢すれば他の美味しいものが貰える」と学習して以後もドッグフードをわざと食べずに他の美味しいものが出てくるのを待つようになります。

そうなってしまえば新しいドッグフードに切り替えても、また食べなくなり新しいドッグフード或いはおやつが出てくるのを待つようになってしまい、飼い主さんは永遠に新しいものを与え続けなければならなくなってしまいます。

食べなくなっても飼い主さんは我慢

可愛いワンちゃんがドッグフードを食べなくなったからと言って焦ってしまうよりも我慢してドッグフードを食べてもらえるまで見守ってあげることが大切です。

もちろん何らかの病気であればすぐに病院に行く必要がありますが、単にドッグフードを食べないだけであれば我慢して食べてくれるのを待ちましょう。

ワンちゃんはお腹が空けば必ずドッグフードを食べてくれます。飢死にするまで食べないことはありませんので、ワンちゃんを甘やかさないためにもドッグフードを食べるまでは飼い主さんは我慢することが大切です。ドッグフードを決まった時間に出し決まった時間に片付けることを徹底していればワンちゃんは「今食べないとやばい!」と思うようになりますので、ちゃんといつかは食べてくれます。

なので、焦ってあれやこれや別のものを与えてしまって甘やかして大参事になってしまう前に心を鬼にしてワンちゃんがドッグフードを食べてくれるまで我慢してみましょう。ここで我慢出来ないと永遠と新しいドッグフード選びをしなければいけない状況に陥ってしまいますからね。

コメントを残す