低カロリーのドッグフードでダイエットは危険??

2014y02m05d_180909946

ワンちゃんのダイエットのためにと、低カロリーのドッグフードを選んでしまう方は多いですが、果たしてどうなのでしょうか。

ワンちゃんに低カロリードッグフードは良いの??

ワンちゃんのダイエットのために、低カロリーのドッグフードが多数販売されていますが、正直あまり良いものはありません。その理由は主原料に穀物を使用しているからです。

低カロリーでダイエット用を打ち出しているドッグフードの多くが主原料に穀物を使用して低タンパク質、高炭水化物の成分構成になっています。ワンちゃんは本来高タンパク質、低炭水化物の成分構成によるドッグフードを必要としています。なので、低タンパク質のドッグフードを与えることで、ワンちゃんの筋肉量を減らし余計に代謝が低下します。また、高炭水化物ではワエネルギー以外はほとんどが脂肪となりワンちゃんが無駄に太る原因となってしまうのです。

ワンちゃんは動物性タンパク質を必要としている理由は、動物性タンパク質こそが吸収しやすいからです。植物性タンパク質はワンちゃんにとって吸収しにくい栄養素ですので、トウモロコシ、小麦などの植物性タンパク質メインではワンちゃんが痩せるというよりも吸収が上手く行かずに不健康jな形でやつれてしまう事になります。

ですので、植物性タンパク質をメインにした低タンパク質・高炭水化物の低カロリードッグフードをダイエット用にワンちゃんに与えることはオススメ出来ません。むしろ代謝をあげて、余分な脂肪を摂らないように高タンパク質、低炭水化物のドッグフードを与えてあげることが大切です。

ダイエットには適度な運動と代謝アップが大事

ワンちゃんのダイエットのためには、適度な運動と代謝アップが大切です。

ワンちゃんが日頃から運動不足の状態では、摂取したエネルギーを消費することが出来ず脂肪となり体重が増加してしまいます。なので、日頃からしっかり運動不足を解消させてあげることが飼い主さんにとって大切な事になってきます。

また、代謝をアップして不要な脂肪を排出出来るようにするためにも筋肉は欠かせません。筋肉量が落ちてくると代謝が落ちて脂肪が溜まりやすくなります。ですので、筋肉量を落とさないためにもタンパク質を十分に与えてあげることが大切です。タンパク質不足では筋肉量がどんどん減り代謝が低下して脂肪が増えていきます。なので、運動とともに高タンパク質の食事を与えてあげるようにしましょう。

コメントを残す