偏食が多いワンちゃんへのドッグフードの出し方とは?

2014y06m18d_165142873

ワンちゃんの中には凄い偏食で飼い主さんを困らせてしまう子がいるのですが、偏食が多いワンちゃんのためにドッグフードはどのように与えれば良いのか疑問に思いますよね。今回は愛犬の偏食が多く困っている飼い主さんのための正しいドッグフードの与え方を紹介させて頂きます。

偏食が多いワンちゃんへの工夫

ドッグフードは固定させてあげる

偏食が多いワンちゃんにはドッグフードを固定させてあげることが大切です。

いくつかのドッグフードをコロコロ変えながら与えていたのではワンちゃんが違うドッグフードを求める傾向に拍車がかかり飼い主さんが食べてほしいドッグフードを食べてくれない事が起こりえます。

そのため偏食が多いワンちゃんほどドッグフードを安易に変更してはいけません。どのドッグフードを与えるのか決まったら他のドッグフードに変えたりせず一つのドッグフードを与え続けてあげましょう。

おやつを与えすぎない

ワンちゃんの偏食に悩む飼い主さんにはおやつを与えすぎの方が多いです。

ワンちゃんにおやつを与えてあげることはワンちゃんと飼い主さんの大事なスキンシップの一つにもなりますので、たまにご褒美として与えてあげることも大切です。

ただ、おやつの与えすぎはワンちゃんの偏食を加速させてしまいます。ワンちゃんは主食であるドッグフードを食べず我慢していればいろんなおやつが食べれるようになると考えて大事なドッグフードを食べてくれないという事が起こりますので、おやつの与えすぎには注意しましょう。

ドッグフードに余計なものは極力混ぜない

ドッグフードに他のものを混ぜるのは極力控えてください。

ドライタイプのドッグフードにウェットタイプのドッグフードを混ぜたり、残りもののごはんを混ぜたりするとドライタイプを食べず混ぜたもののみ食べてしまい偏食になりやすくなりますので、ドッグフードには極力余計なものを混ぜないようにしましょう。

もしどうしても他のものを混ぜる場合にはドライタイプのドッグフードと混ぜたものを食べ分けが出来ないようにしっかり混ぜてあげましょう。

食べなければドッグフードを下げる

ワンちゃんを甘やかすと偏食になりやすいです。

特に出したドッグフードを食べないからと言ってすぐに違うものを出したり、長い時間食べてくれるまでドッグフードを出しっぱなしにしているとますます食べてくれなくなります。

そのためドッグフードをワンちゃんが食べてくれなくても決まった時間に出してだべてくれない場合には思い切ってドッグフードを下げてください。そうすればワンちゃんも「この時間に食べないと駄目なんだ」と思ってしっかり食べてくれるようになりますからね。

コメントを残す