原材料のビートパルプとは何??

2015y01m05d_182053038

ドッグフードの原材料の中にビートパルプという表記があり、ビートパルプとはいったい何を指しているのか気になっている方も多いと思います。そこで、ビートパルプについて解説させて頂きます。

ビートパルプとは何??

ビートパルプとは甜菜(砂糖大根)の搾りかすです。

砂糖大根から糖分を搾り出した後の残りのカスの部分であり、簡単に言うと副産物ですね。このビートパルプは主にドッグフードに使用される際には「重要な食物繊維」という説明がなされ原材料に表記されていることが多いです。

ビートパルプによるメリット

ビートパルプにはメリットとデメリットがあるのですが、まずはメリットから紹介させて頂きます。ビートパルプ最大のメリットは、便が小さく硬くなることです。

飼い主さんには愛犬の便が柔らかく排便の後の掃除に悩まされている方も多いと思いますが、ビートパルプが使用されているドッグフードではこのような悩みが解消されることが多いのです。

ドッグフードに使用されるビートパルプは糖分を搾り出す際に時間短縮のために硫酸系の薬品が使用されることが多いのですが、その硫酸系薬品の残留物の働きかけにより便が腸内に長く留まりやすくなり便から多くの水分が抜け、結果的にコロコロで硬い便が出てくるということになるのです。

そのためビートパルプを使用しているドッグフードの口コミでは「便が硬く掃除しやすくなった」「やわらかかった便が改善」されたとポジティブに見る声が多いのです。

ビートパルプのデメリット

ビートパルプのデメリットはまさに硫酸系薬品の残留物にあります。

この残留物により便が小さく硬く掃除の手間が省けるというメリットがあるのですが、この化学薬品系の残留物がワンちゃんの健康に良いわけはありません。

便が通常よりも長く腸内に留まるように働きかけるということは便が出にくくなり腸内に留まり腐敗し、腐敗の際に発生する有害物質が体内を巡っていき様々なトラブルを引き起こす原因になりえるのです。

そのため一時的には便の状態が良くなったと思ってもビートパルプが原因で便秘になり、便秘が原因で様々なトラブルが起こってしまうことが考えられますので、ビートパルプが使用されているドッグフードには注意しておきましょう。

コメントを残す