原材料の動物性油脂・動物脂肪とは何??

2015y01m05d_173427345

原材料で使用されている動物性油脂或いは動物脂肪は一体なんなのか。動物性油性や動物脂肪はワンちゃんの健康に良いものなのか紹介させて頂きます。

動物性油脂・動物脂肪とは何??

動物性油脂とは何らかの動物から採れた油脂または脂肪です。

鶏肉脂肪であれば鶏肉から採れた脂肪であり、動物脂肪とは鶏か羊か或いはその他の動物、つまり何の動物かははっきり分からないけれど何らかの動物から採れた脂肪の事を指します。

動物性油脂・動物脂肪は大丈夫なの??

脂肪は悪いイメージを持っている人が多いですが、決してそんなことはありません。

脂肪はワンちゃんにとって重要な栄養素の一つです。タンパク質・炭水化物が必要なのと同じようにワンちゃんの健康的な毛並や被毛を支えるためには脂肪が必要なんです。

そのためにドッグフードでは動物性油脂や動物脂肪が原材料に使用されていることが多いのですが、はっきり言って動物性油脂や動物脂肪という記載には注意が必要でしょう。これらは一体何の動物から採った油脂なのか脂肪なのかが分かりません。

このようにどんな動物なのかはっきり分からない表記の原材料は粗悪な油脂や脂肪が使用されていることが多いので、出来るだけはっきり何の油脂・脂肪なのか分かるような原材料表記のドッグフードを選ぶのが賢明です。

良質なドッグフードであれば動物性油脂などのようにアバウトな表記ではなく、鶏油、ラム精製油など何の脂肪、油脂を使用しているのか分かるようになっています。

酸化防止剤にも注意が必要

動物性油脂と一緒に注意してほしいのが酸化防止剤です。

動物性の油脂は酸化し腐敗しやすいので、どうしても酸化防止剤が必要になってくるのですが、このときにBHAやBHT、エトキシキンのような有害な酸化防止剤の表記があるドッグフードに注意しておきましょう。これらはワンちゃんの健康に良くない影響があると言われている人工系の酸化防止剤です。

コメントを残す