原材料の大麦にはどんな栄養が詰まってるの??

2015y01m05d_212840247

ドッグフードの原材料の穀物の一つに大麦が含まれていることがあるのですが、大麦にはどんな栄養価が詰まっているのでしょうか。

大麦は消化吸収がし易い

大麦は穀物の中でも消化吸収に優れた食材です。

穀物ではトウモロコシや小麦、大麦がドッグフードに含まれる食材として有名ですが、トウモロコシや小麦が消化吸収しにくくワンちゃんの栄養源とはなりにくいのに対して小麦には消化に良いとされるアルブミン、グロブリンといった成分が豊富に含まれていますので、とても優秀な穀物と言えます。

大麦はウェイトコントロールに最適

体重の管理に悩む飼い主さんは多いです。

そんな方には大麦の優れたウェイトコントロールを知ってほしいと思います。ウェイトコントロールには食物繊維が大きくかかわってくるのですが、大麦には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の二種類がバランス良く含まれており、自然な形の満腹感をもたらしてくれ、結果的にワンちゃんのウェイトコントロールを助けてくれるのです。

食物繊維による体重管理の威力は水溶性と不溶性のバランスが適していなければうまく機能しないのですが、大麦は水溶性と不溶性のバランスが絶妙な比率になっています。

穀物の中で優れた栄養素

大麦は消化吸収が良く、バランスの優れた食物繊維を含んでいるのですが、それ以外にも体の調子を整えてくれるビタミンが豊富であること、歯や骨の健康を支えてくれるカルシウムが豊富に含まれていることなどから穀物の中で栄養価が高く優秀な食材と言えるのです。

また大麦は小麦やトウモロコシと違ってアレルギー源になりにくい穀物のために、アレルギーが気になる飼い主さんでも安心して大麦使用のドッグフードを手に取ることが出来ます。もちろん大麦にもアレルギー反応を示すワンちゃんもいますので、そのような場合にはやはり穀物一切不使用のグレインフリーのドッグフードがいいのかもしれません。

コメントを残す