子犬にはどんなドッグフードがオススメなの??

2014y02m05d_181618058

子犬にどんなドッグフードを与えれば良いのか迷っている方は、是非こちらをチェックしてみてください。子犬のためのドッグフード選びで重要な事を紹介させていただきます。

子犬は成犬より栄養が必要

子犬は成犬よりもかなりの栄養を必要としています。

子犬は成長するための大事な時期ですので、体の成長のための栄養をしっかり補給しなければいけません。子犬の時期に栄養素が不足するとさまざな身体的障害を引き起こす事になりますので、子犬の時期は特に栄養に関して気を遣ってあげましょう。

ただ、子犬にたくさんのドッグフードを与えれば良いという事ではありません。子犬はまだ消化機能が未熟ですし、胃袋が小さいので、少ない量で成犬よりも少ない量で多くの栄養が凝縮されたドッグフードを与えてあげるようにしましょう。ですから、子犬のためのドッグフード選びでは高カロリーで栄養素満点のものを選ぶのが良いです。

特に動物性タンパク質と動物性脂肪は重要です。

ワンちゃんにとって吸収しやすい栄養素は動物性タンパク質です。なので、消化機能が未熟なワンちゃんがしっかり栄養素を吸収出来るようにするには動物性タンパク質を贅沢に使用したドッグフードを選択することが大切なんです。動物性タンパク質を使用して栄養密度が高いドッグフードが子犬には最適です。

子犬の時期は大事な成長期

ワンちゃんにとって一番大事な時期が子犬の時期です。

子犬の時期にしっかり成長出来るだけの栄養素を与えてあげる事が大切なので、子犬の時期に栄養密度の高いドッグフードを与えてすくすく成長出来るような環境を作ってあげましょう。

間違っても子犬の時期にダイエットなんかさせようとしてはいけません。子犬の時期にダイエットさせようとすれば必要な栄養が取れず発達障害が起こり、視覚、聴覚、毛並みなど様々な障害が出てきます。

ワンちゃんに人間と同じようなダイエット感覚を持ち込んではいけませんし、まして成長するために大変重要な子犬の頃に栄養不足にさせてしまってはワンちゃんが可哀想です。ですから、子犬の時期はしっかり成長するための栄養サポートをしてあげてくださいね。

また、ドッグフードには子犬用、成犬用などのくくりもありますが、重要なのは原材料や栄養素の密度です。子犬用と謳ったドッグフードでも十分な原材料や栄養密度にない商品もありますので、中身を確認して選ぶようにしましょうね。

コメントを残す