安いドッグフードの安売り文句は危険!愛犬のために出来る事

2013y11m25d_221107048

格安・激安と謳うドッグフードは危険です。安いドッグフードにはそれだけの危険性があるので、愛犬を守るために出来る事はやっておきましょう。

安いドッグフードはなぜ危険??

まずは安いドッグフードの主原料をチェックしてみてください。そこに小麦、トウモロコシ、大豆などのキーワードはありませんか。おそらくそれらの穀物類が含まれているケースが多いと思います。それはなぜか。安いからです。小麦、トウモロコシ、大豆などの穀物類は安いので、かさ増しとして配合しているんですね。

では、愛犬に本当に必要な物は何か。それは動物性タンパク質です。犬は動物性タンパク質が必要な生き物です。ですが、ドッグフードのコストを抑えるために格安メーカーがこぞってトウモロコシ、大豆といった植物性タンパク質を多めに配合しているんです。その方がコストが安く抑えられるためです。

ですが、ワンちゃんは植物性タンパク質の消化が苦手なので消化不良を起こしたり、アレルギーを引き起こしたりします。さらに栄養吸収率が悪くなるので、健康状態も悪くなります。ですから、植物性タンパク質でかさ増しをした安いドッグフードをワンちゃんに与えてしまうのはどうなんでしょう。

添加物や死骸のにk、爪、羽・・・

安いドッグフードは植物性タンパク質でかさ増しをしているだけではなく、保存料・酸化防止剤など発がん性のリスクの高い添加物を多く含んでいます。また、コスト削減のかさ増しのため、死骸の肉、病気の肉、爪、羽、血液、臓器なども踏んだんに盛り込められています。ですので、ワンちゃんの健康を考えると、明らかに良くないのはわかりますよね。

また、これらの安いドッグフードを食べ続けからと言って必ず病気になるとは言えません。逆に、良質なドッグフードを食べ続けたからと言って病気にはならないとも言えません。ですので、100%安いドッグフードよりも良質なドッグフードを選んだ方が良いとも言えません。

ですが、少なくとも安いドッグフードを辞めて良質なドッグフードに切り替えるという飼い主の愛情を示す事は出来るのではないでしょうか。また、病気になる可能性を最小限抑える事も期待は出来るのではないでしょうか。ですから、私は安いドッグフードよりも愛するワンちゃんのために良質なドッグフードを選んで欲しいと思います。間違っても自分の愛する娘や息子に死骸の肉や病気の肉の混ざったごはんを差し出すなんて事が出来ないように、愛する家族のワンちゃんにもそんなごはんは出せません。みなさんも1度ペッドフードの見直しをしてみては如何でしょうか。

コメントを残す