愛犬元気ドッグフードの原材料・成分チェック【口コミ・評判は??】

2014y02m05d_142208306

愛犬元気ドッグフードの原材料・成分や口コミ・評判が気になっている方のために、愛犬元気が気になっている方のための情報をまとめました。

愛犬元気の原材料・成分チェック

原材料:穀類(トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、フスマ、コーングルテンフィード等)、肉類(チキンミール、チキンエキス、ビーフパウダー等)、動物性油脂、脱脂大豆、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、魚介類(フィッシュミール、乾燥小魚)、酵母エキス、調味料、チーズパウダー、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、亜鉛)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

 

成分:タンパク質 23.0%以上
脂質 10.0%以上
粗繊維 4.5%以下
粗灰分 8.5%以下
水分 10.0%以下

愛犬元気の主要原材料は残念ながら穀類ですね。

ワンちゃんには高タンパク質が必要であり、タンパク質は植物性のタンパク質ではなく動物性のタンパク質が必要なのですが、穀類が一番最初に記載されていますので、ワンちゃんの消化は良くありません。トウモロコシや小麦粉はワンちゃんのアレルギーを引き起こしてしまう代表例ですので、ドッグフードでは出来るだけ主原料には穀類を使っていないものを選ぶのが良いでしょう。また、愛犬元気では肝心の動物性タンパク質も肉類という表記になっているのが残念です。

肉類の表記でチキンミールやチキンエキスのような表記ではワンちゃんの健康にあまりよろしくない粗悪な肉を使用している可能性が高いので、オススメ出来ません。

また、着色料、酸化防止剤もきつい傾向にありますね。

愛犬元気の口コミ・評判は??

1.ヤバイものが入ってるかはわからないですが犬を買ったペットショップと行きつけの動物病院に「愛犬元気のエサだけはやらないで」と言われました。二人共同じ事を言ってたのでなにかあるんでしょうねf^_^;

 

2.良くないのは明らかです

 

3.わざわざ着色しているフードは与えたくないです。着色料は無害ってわけではないので。

 

4.犬種別云々より先に、使われている原材料の良し悪し
を吟味する方が遙かに大切だと思います。

 

5.愛犬元気は、お勧めしません。

愛犬元気はそれなりの知名度のあるドッグフードですが、愛犬元気を利用していて良い声は全然聞こえてきませんでした。愛犬元気を検討される方に対して愛犬元気を利用された方も、否定的な意見が多いです。

愛犬元気が敬遠される理由はやはり原材料にあるようにきつめの着色料や主要原材料に穀物がたくさん使用されている事にあります。着色料などの添加物はすぐワンちゃんに悪影響を与えることはないのですが、徐々にワンちゃんの体に大きな歪を生んでしまいます。なので、口コミにもあるようにわざわざ着色料を添加しているようなドッグフードを選択するのは賢明ではありません。

主要原材料に動物性タンパク質が少ない事や肉の質が低い事、不必要な添加物を多めに含んでいる事などから考えても愛犬元気はオススメ出来ないと言えます。

コメントを残す