穀物不使用のドッグフードは何が良いの??グレインフリーの魅力

2014y02m05d_181358969

ドッグフードには様々な種類があるのですが、その中でも穀物不使用のグレインフリーが人気を呼んでいます。では、どうして穀物フリーが良いのでしょうか。

穀物不使用ドッグフードは何が良いの??

アレルギー対策

ワンちゃんのアレルゲン物質となる食材には様々あるのですが、その中でも穀物はアレルギー反応を引き起こしやすいです。トウモロコシ、小麦などが代表例ですが、穀物はワンちゃんにアレルギーを引き起こす大きな原因ともなりますので、アレルギーに悩むワンちゃんには穀物は良くありません。なので、穀物不使用のドッグフードがアレルギー気味のワンちゃんに人気なんです。

吸収を助け下痢解消

ワンちゃんは植物性タンパク質の消化は苦手です。なので、植物性タンパク質である穀物が主原料のドッグフードを食べると下痢を起こす事が多いです。

ワンちゃんにとって植物性タンパク質は胃腸への負担が大きく吸収が上手くいかないので、どうしても便の量が多くなりがちです。なので、穀類を含まないドッグフードを選ぶのが良いのです。穀類を含まないドッグフードにはワンちゃんの消化に良い動物性タンパク質が使用されていますので、ワンちゃんの下痢を解消してくれますし、便の量が適量に抑えられます。

肥満予防

穀物は栄養素で言うと炭水化物です。

炭水化物を多めに取ると脂肪となり肥満になりやすくなります。ワンちゃんの健康的な体を維持するためには低炭水化物が理想なのですが、穀類が多めに含まれるドッグフードではワンちゃんが肥満になりすくなります。なので、穀物不使用の低炭水化物のドッグフードを選ぶ事が肥満解消に繋がるわけです。

以上のように穀物不使用のグレインフリードッグフードはワンちゃんの健康を守るための様々なメリットがありますので、ワンちゃんの健康維持のためにも穀物を使っていないドッグフードがオススメなんです。

穀物を主原料とするドッグフードは主に低価格のドッグフードに多いですが、ワンちゃんが本当に必要とするのは動物性タンパク質です。穀物は植物性タンパク質でワンちゃんの体には良いとは言えません。植物性タンパク質は動物性タンパク質に比べて仕入費が安価であるために量販店や格安ショップなどで販売されているドッグフードに主原料で利用されていますが、出来ればワンちゃんの健康のためにも穀物不使用のドッグフードへの切り替えを検討されたほうが良いですよ。

コメントを残す