缶詰のドッグフードは常用向きではなくご褒美用

2013y12m19d_033425591

ワンちゃんはウェットタイプの缶詰が大好きですね。なので、ついつい缶詰のドッグフードばかり与えてしまいがちですが、缶詰は常用向きではありません。

缶詰のドッグフードよりもドライタイプのドッグフード

ドッグフードはドライタイプとウェットタイプの2種類に大きく分けられるのですが、常用向きなのはドライタイプのドッグフードです。ドライタイプのドッグフードはウェットタイプよりも栄養素のバランスが良いので、ワンちゃんの健康を守るためにはドライタイプのドッグフードをメインで与えてあげることが大切です。

ただ、ワンちゃんはドライタイプよりも缶詰のドッグフードを好む傾向がありますので、ついついそっちを優先して与えてしまいがちです。ウェットタイプのドッグフードは食材である素材がそのまま残っているのでワンちゃんもウェットタイプをついつい好んじゃうんですよね。そのため、ドライタイプのドッグフードを中々食べてくれない時なんかにウェットタイプを与えてみると、食いつきが良くなるって事はしばしばあります。ですが、ウェットタイプはドライタイプよりも栄養面のバランスが良くありませんので、メインで利用するのにはオススメ出来ません。

また、栄養バランス以外にも添加物の問題もあります。ウェットタイプは酸化防止剤などの添加物を利用しているケースが多いので、添加物の面を考えても無添加ドライタイプを選ぶのが良いです。

缶詰のドッグフードの利用方法

缶詰のドッグフードはたまに与えてあげるのが良いです。

何かのご褒美として、ドライタイプにたまに混ぜてあげると飼い主と愛犬の絆も深まりますので、ご褒美としてのサブでの利用がいいでしょう。ワンちゃんもたまには美味しい缶詰のウェットタイプも食べたいと思うので、たまに与えてあげるぐらいが良いです。さすがに毎日与えるのは駄目ですよ。栄養バランスが偏ります。

今、缶詰のドッグフードをメインで考えようとしている方がいれば、ワンちゃんの健康のための栄養バランスに果たして缶詰タイプのドッグフードが良いのかどうか再度検討して欲しいと思います。

ワンちゃんの健康のためには効率良く栄養を吸収出来るドライタイプのドッグフードの方が良いので、ウェットタイプはサブとして利用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す