肝臓に良いドッグフードとは??【数値が高い愛犬のために】

2014y02m05d_181029881

肝臓の数値が高いワンちゃんに悩んでいる飼い主のために、肝臓に良いドッグフードを選ぶ際のちょっとしたポイントを紹介させていただきます。

肝臓に負担をかけるものとは??

肝臓は毒素を分解する役割があります。

そのため日頃から毒素を口にしていると分解するために肝臓にかなりの負担がかかり、肝臓病の大きな原因ともなります。人間もアルコールを飲み過ぎるとアルコールの分解に肝臓を酷使するために肝臓病になりやすいです。

ワンちゃんもドッグフードに毒素が含まれていると肝臓を酷使することになりますので、ドッグフード選びでは毒素を含まないものを選ぶのが良いです。ドッグフードに含まれる毒素とは、てん添加物の事です。

ドッグフードにはワンちゃんの嗜好性を高めるための香料・着色料、酸化を防ぐための酸化防止剤、長期保存のための保存料など様々な添加物が使用されるケースが多いのですが、これらの添加物がワンちゃんの肝臓を酷使することになりますので、ドッグフードは添加物が含まれない無添加のドッグフードを選ぶ事をオススメします。

肝臓に良い無添加ドッグフード

肝臓に良いのは無添加ドッグフードです。

肝臓に余計な負担をかけない無添加ドッグフードを与える事でワンちゃんの肝臓への悪影響を防ぐ事が出来ますし、肝臓に日頃から負担がかかっているワンちゃんの健康を守る事になります。ですので、肝臓の数値が高いと診断されたワンちゃんには無添加のドッグフードを与えてあげるようにしましょう。

無添加ドッグフードは毒素である添加物が含まれていないので、肝臓に良いだけではなく様々な好影響も与えてくれます。

余計な添加物は体から排出される中で体臭にもなりますし、毛並みが悪くなる事にも繋がります。ですが、無添加ドッグフードであれば嫌な体臭や毛並みの悪さを改善することが期待出来ますので、ワンちゃんの体調不良を感じた場合は使用しているドッグフードの添加物の有無を確認して、無添加のドッグフードに切り替えてみるのが良いです。

無添加ドッグフードにしてからワンちゃんの体臭や口臭、毛並みの艶などが改善されたと実感している飼い主さんはとても多いので、一度無添加ドッグフードを試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す