酸化したドッグフードを与えると下痢になる??

2014y03m22d_190341107

酸化してしまったドッグフードをワンちゃんに与えるのは健康的にどうなのでしょうか。今回は酸化してしまったドッグフードについて紹介させて頂きます。

酸化したドッグフードを食べるとどうなる??

下痢
嘔吐

基本的に下痢・嘔吐の症状が出ます。

ワンちゃんは酸化したドッグフードを食べると免疫力の力によって体に害となりうる酸化したドッグフードは下痢や嘔吐などで外に吐き出すことになります。

そのため特別大きな健康被害はありません。基本的には外に出してしまいますので、酸化したドッグフードを食べても大丈夫とは言えます。ただ、酸化してしまったドッグフードを与えても良いという訳ではありませんよ。

ワンちゃんだって下痢や嘔吐は辛いです。

「酸化していてもどうせ吐き出すだけでしょ」なんて冷たい事を言わずワンちゃんに辛い思いをさせないためにも酸化してしまったドッグフード、酸化しているかもしれないドッグフード、開封後かなり経過してしまっているドッグフードは与えないようにしましょうね。

また酷い場合には消化器官に障害が出る場合も有り得ますので、ワンちゃんにはできるだけ開封後まもないドッグフードを与えてあげてください。

酸化防止剤多用ドッグフード

「下痢や嘔吐がこわいから酸化しにくいドッグフードが良いのかな」と思ってしまう飼い主さんもいますが、酸化しにくいドッグフードはワンちゃんには良くありません。

むしろ酸化しやすいドッグフードの方がワンちゃんには良いのです。

酸化にくいドッグフードにはたくさんの酸化防止剤が使用されています。酸化防止剤には発がん性のある物が多々ありますので、酸化しにくいドッグフードは良いドッグフードとは言えません。逆に酸化しやすいドッグフードは、それらの危険な酸化防止剤は使用していないために良いドッグフードと言えるのです。

ですから、ドッグフードを利用するときは長持ちして酸化しにくいドッグフードをまとめ買いするよりも酸化しやすい無添加なドッグフードをこまめに購入して早く使い切るスタイルの方がワンちゃんのためにもいいです。

コメントを残す