高級ドッグフードと格安ドッグフードの違い

2014y03m14d_150928311

ドッグフードには量販店でも売られている格安ドッグフードと限られたルートのみで販売されている高級品のプレミアムドッグフードがあります。果たしてそれらの違いはどこにあるのでしょうか。

高級ドッグフードと格安ドッグフードの違い

動物性タンパク質か植物性タンパク質か

ドッグフードの主原料をまずチェックしましょう。

原材料に記載されている最初の3つを見れば主原料が何かわかります。

最初の3つに肉類、魚類が記載されていれば動物性タンパク質が主原料であることがわかります。また、最初の3つにトウモロコシ、小麦など穀物類が記載されていれば主原料が植物性タンパク質であることがわかります。

高級ドッグフードは主原料が動物性タンパク質であり格安ドッグフードは主原料が植物性タンパク質です。もちろん肉類や魚類の方が穀物類よりも原価が高いために高級ドッグフードの方が費用が高くなるんです。

ですが、問題は原価の違いではありません。

問題はワンちゃんが本来必要としているのは動物性タンパク質であり、ワンちゃんに消化不良をもたらすのは植物性タンパク質であるという事実です。

格安ドッグフードでは原価を抑えることを最優先に考えているためにワンちゃんが本来必要としている動物性タンパク質をないがしろにしてしまっているのです。植物性タンパク質はワンちゃんにとって消化しにくい栄養素のために吸収率が悪く消化不良を起し下痢、嘔吐の大きな原因になっています。

人間が食べられるレベルかどうか

高級ドッグフードでは人間が食べられるレベルの食材が利用されています。

逆に格安ドッグフードでは人間が口にするには危険性が高く法律によって認められないレベルの食材が使用されています。

一般的に言われるのは、格安ドッグフードの肉類には肉片だけではなく皮、内臓、爪、毛、排出物などの副産物が混在されているという事です。

添加物の有無

添加物の有無もかなり大きいです。

高級ドッグフードでは安心の食材のみを使用して販売ルートも限定しているために酸化防止剤、防腐剤、香料、着色料などの添加物を含んでいません。これらは少しでもワンちゃんの健康を阻害してしまう可能性が高いからです。

ですが、格安ドッグフードは主に量販店にも大量に長期的に並べられるため多くの添加物を利用しています。それらの中には発がん性の高い添加物も含まれていることがあります。

アレルギーの原因物質の有無

ワンちゃんのアレルギーの原因となる代表例が穀物類です。

トウモロコシ、小麦、豚肉、牛肉、乳製品などはワンちゃんにとってアレルギーを引き起こしてしまう食材となりえますので、高級ドッグフードではこれらの食材は利用していませんし、穀物フリーのドッグフードも多いです。

コメントを残す