JP(ジェーピー)スタイルドッグフードの原材料・成分チェック【口コミ・評判は??】

2015y01m15d_135118595

JPスタイルドッグフードの原材料・成分が気になっている方、そして口コミ・評判が気になっている方のためにジェーピースタイルの原材料・成分、口コミ・評判をまとめて紹介させて頂きます。

ジェーピースタイルドッグフードの原材料・成分チェック

原材料

小麦全粒粉、チキンミール、中白糠、脱脂大豆、動物性油脂、ビートパルプ、ホミニーフィード、フィッシュオイル、チキンパウダー食塩、イソオリゴ糖、魚肉抽出物、β-グルカン、脱脂米糠、クロレラ、N-アセチルグルコサミン、有胞子性乳酸菌、ミネラル類(塩化カリウム、炭酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム)、ビタミン類(塩化コリン、酢酸dl-α-トコフェロール、ビタミンA、ビタミンD、パントテン酸カルシウム、リボフラビン、シアノコバラミン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

成分

粗タンパク質(24.0%以上)/粗脂肪(14.0%以上)/粗繊維(5.0%以下)/粗灰分(9.0%以下)/水分(10.0%以下)/カルシウム(1.0%以上)/リン(0.8%以上)/リノール酸(0.9%以上)/

JPスタイルの原材料を見てみると一番最初に記載されているのは小麦全粒粉です。その後にチキンミール、中白糖、脱脂大豆と続きます。これを見る限り動物性タンパク質が少なく、植物性タンパク質が多くなっていることが分かります。犬が求めているのは肉や魚に含まれる動物性タンパクであり、小麦や大豆などの穀類に含まれる植物性タンパクではないのです。穀類は犬にとって消化しにくい食材ですので、便の量が多くなったり、下痢の原因になります。

そのため穀類である小麦が一番最初に記載されている、つまり小麦が最も多く使用されているJPスタイルのようなドッグフードはあまりオススメは出来ません。

ジェーピースタイルドッグフードの口コミ・評判

1.便の量が増えました。

2.ジェーピースタイル(しょせんは、日本の小麦粉メーカー
なんでこんなに高いのか?)

3.今ではJPです どれも食べたのですが 残したりすることがなかったのでJPにしました

4.便の状態は悪くなかったのですが必要量を摂取できなかったので、本格的には与えませんでした。

JPスタイルドッグフードの口コミでは便の量が他のフードの時に比べて増えたという声が多かったです。もちろん便に大きな変化はなかったという声もありますが、肉や魚がしっかり使用されているドッグフードから穀類が多いJPスタイルに切り替えたという方では便が多くなったという声が多いです。これはおそらく消化が難しい穀類が多く使用されていることが原因でしょう。JPスタイルは一番最初に穀類が記載されているので・・・。

また、JPスタイルの価格にも疑問の声があります。ドッグフードでは肉や魚など動物性タンパク質をしっかり補うことが出来るフードほど価格が高くなっているのですが、仕入コストの安い穀類が多く使用されているJPスタイルがなぜ価格が高めになっているのかという疑問を呈する声が見受けられました。

コメントを残す